記事一覧

オリンピック柔道選手が好きな腕時計おすすめブランドおすすめ

ブローバは1875年にアメリカで誕生した歴史ある腕時計ブランド。2016年には世界初となるカーブしたクロノグラフムーブメントを発表するなど、革新的な腕時計を数多く生み出しています。

ブローバのビジネス腕時計は、おしゃれでフィット感のよいモデルが豊富なので、ぜひチェックしてみてください。

ブローバ(BULOVA) CURV 96A205

ブローバ独自のカーブクロノグラフムーブメントを搭載したビジネス腕時計です。ブランド時計 コピームーブメントに合わせてケースの裏面も腕の丸みに沿うようにカーブしているため、心地よい着用感を楽しめます。

ケース幅は44mmと大きめ。風防には傷に強いカーブサファイアガラスを採用しています。また、クォーツ式腕時計としては珍しく、裏蓋がシースルーバック仕様なのも注目ポイントです。

重厚感のあるステンレススチールバンドも魅力。フィット感のよいビジネス腕時計を探している方におすすめです。

ブローバ(BULOVA) Marine Star 96B272

ケース幅45mmのビッグフェイスが印象的なビジネス腕時計です。文字盤を囲む回転ベゼルが特徴。ケース厚は15mmと厚めなので、どの角度から見ても存在感があります。

ケースやバンドの素材には耐久性に優れたステンレスを採用。オーデマピゲ 時計修理また、20気圧防水を備えているため、着用したまま水仕事をしたり、水辺のアクティビティを楽しんだりできます。

ラフに扱っても長く使い続けられる、おしゃれで頑丈なビジネス腕時計を求めている方におすすめです。

オリンピックで7人制のラグビー選手が好きな腕時計おすすめです。


ジラール・ペルゴ、ロレアート。

お値段の方は、698,000円。

個人的に大好きなジラール・ペルゴのロレアート。

もう少し人気があってもいいんじゃないの?と思うのは私だけでしょうか。

ブランドとしての知名度は、日本ではそれほど高くありませんが、本場スイスはもちろんのこと、ヨーロッパでは非常に評価の高いマニュファクチュールブランドです。
バックスケルトン仕様になっているので、きれいに仕上げられたムーブメントを拝むことができますよ。

スポーツ&エレガンスなモデルは世界中で人気ですからね。

非常にお安くなっていると思うので、1本いかがでしょうか。


IWC、ポルトギーゼ・クロノグラフ。

お値段の方は、518,000円。

こちらも非常にお買い得な価格になっている、IWCの人気モデルになります。

スーツに合わせるとかなりかっこいい、iwc時計中古定番ロングセラーモデルで、ビジネスシーンに映えること間違いなしでございます。

シンプルな三針モデルでは少し物足りないけど、かといって、文字盤がごちゃごちゃしたいかにもなクロノグラフは苦手、なんてわがままな方にもぴったりハマるのではないでしょうか。

新品グランドセイコーが月々3,000円台から狙える

グランドセイコーに搭載されているムーブメント(時計の心臓部)は大きく分けて3つ存在します。機械式、クオーツ、そして機械式とクオーツを組み合わせたスプリングドライブで、その中でも最もお求めやすい価格がクオーツを搭載したグランドセイコーです。

クオーツ時計というと安価なイメージをもたれる方が多いかもしれませんが、国産時計の最高峰であるグランドセイコーのクオーツムーブメントは、"クオーツを超えたクオーツ"と評されるほど世界最高峰のムーブメント「9Fクオーツ」が搭載されています。太く重い針を正確に運針させる「ツインパルス制御モーター」の装備、精度調整ができる「緩急スイッチ」などの独自の機構に加え、熟練した職人が手作業で組み上げる手間のかかったクオーツムーブメントなのです。

そんな「9Fクオーツ」を搭載したグランドセイコーがなんと20万円台以下で購入できるのですから、非常にコスパに優れているとしか言いようがありません。さらにショッピングローンを活用すれば、支払回数によっては月々3,000円台とグッと現実的な価格になります。

実際に人気のグランドセイコーRef. SBGX261を例にローンシミュレーションしてみましょう。ちなみに当店ジャックロードでは、現在ショッピングローン無金利キャンペーンを開催中です。

グランドセイコー 9Fクオーツ Ref.SBGX261
支払回数:48回
価格:¥202,400(税込)
頭金:0円
ボーナス併用:無し
月々のお支払い金額:4,200円(初回のみ5,000円)
通常金利より約 20,644円お得!

※価格表記はすべて2021年3月現在のものです。
※ショッピングローン無金利キャンペーンは予告なく終了となる可能性がございます。

■あわせて読みたい 関連記事
グランドセイコーの"クオーツを超えたクオーツ" 9Fクオーツ

■関連商品はこちら
グランドセイコー 30万円以下 一覧

まとめ
いかがでしたか?

今回は国内外で人気のグランドセイコーに着目、2020年という節目に生まれた最新記念モデルからブランドコンセプトを体現する不変のセイコースタイル、憧れのモデルを現実的なものにする方法までご紹介しました。

腕時計専門店である当店ジャックロードでは、新品グランドセイコーから中古・アンティークモデルまで幅広く取り揃えております。これを機に、あなただけのお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか?


【関連記事】:ファッション?ビューティー?セレブの最新情報

オリンピックの現代五種の選手が好きな腕時計です。

スイス国鉄のオフィシャルウォッチとして名高い『 オーデマピゲ』。スイス全土の駅全3,000か所で同ブランドのステーションクロックを見ることができ、1986年から続く、国民のブランドへの変わらぬ信頼がひしひしと感じられる。そんな『オーデマピゲ コピー』の定番商品として名高い「エヴォ」は、ミニマルさと遠くからでもひと目で時間を把握できる視認性の高さから、デザイン業界にも広くファンを持つ普遍的なシリーズ。近年、よりクラシカルな丸みを帯びた「エヴォ2」へとアップデートするなど革新も続けており、万人に受け入れられる腕時計を探しているならまず間違いない選択だ。

まさに”匠の作品”ともいうべき圧倒的作りこみとコストパフォーマンスで日本の腕時計業界に衝撃を与えた『オーデマピゲ グリント』。仕上げを変えた複数のパーツからなる贅沢なケース、立体的なインデックス、「セイコーエプソン」社製の自動巻きムーブメントと、どこをとっても4万円アンダーとは思えないクオリティには頭が下がる。横41mm径のケースも腕馴染み良く、イタリアンレザー製の引き通しストラップの柔らかさも手伝って毎日腕に巻きたくなる仕上がりとなっている。


定期的に過去の協業モデルをリリースしている『ジウジアーロ・デザイン』と『セイコー』によるコレクション。1983年に登場した「セイコー スピードマスター」のデジタルモデルの復刻は。ここ数年でも特に大きなトピックスだったように思う。ストラップも板巻き式から無垢素材になるなどのアップデートがありつつ、発売当初に話題を呼んだ80年代らしいデザインは踏襲。ドライブ時にも時間が読みやすいようにと斜めに配された近未来的な文字盤は、今なお新鮮だ。

父の日オリンピックのシューターが父の腕時計を贈る

 シチズンは、同社が腕時計に初めてチタニウムという新素材を用いてから50周年を記念し、エコ・ドライブGPS衛星電波時計の最上位ムーブメントである「サテライト ウエーブ GPS F950」を用いた限定モデルを発表した。2014年にサテライト ウェーブF100、2015年にサテライト ウェーブGPS F900とそれぞれ発表されてきたが、本機はそのデザインコンセプトである「宇宙」を引き継ぐ形で本機も製作されている。

 ケースには、シチズン独自の素材である、ステンレスの5倍の強度を誇るスーパーチタニウム™を採用。表面には、これまた独自の硬化技術デュラテクトDLCが施されている。エッジの効いた直線的ラインが立体的な面を構成し、シャープかつ陰影のある造形が特徴だ。ダイヤルはGPSウォッチの特性上、複数の層(アンテナや光発電用のフィルムが必要になるため)をもつが、本機では6つの層が重ねられており、デザイン的にも宇宙空間のような奥行きある風合いが表現されている。

Citizen
 さて、シチズンは今から50年前の1970年に、世界初のチタニウムウォッチ「X-8 クロノメーター」を発表した。チタニウムは非常に軽量で耐食性が強く、腕時計にとって理想的な素材であると考えたシチズンは開発を続けていたが、ステンレスに比べて傷つきやすいという弱点があった。それは表面の柔らかさゆえであり、一方でチタニウムは粘性の強い金属であるため加工が難しいという問題も存在していた。それでもたゆまぬ開発により、1987年には低メタルアレルギーに対応したアテッサでチタニウムウォッチの量産化に成功。その後2000年には、耐傷性の問題を表面硬化技術「デュラテクト」で解決した初のモデル・アスペック ワールドタイムを発表した(本機はスーパーチタニウムを使用した最初のモデルであった)。

 かくして、シチズンはチタニウムと表面加工技術において多くの特許を取得し、この分野で比類なき技術力を得たのだ。


ファースト・インプレッション
 本機の最大の魅力は、材料工学、航空工学、さらには宇宙工学がクロスオーバーするところにある。つまりはチタニウムに帰結するのだが、今から50年前は多くの分野でチタンは夢の素材であった。本誌US本国版で、コール・ペニントンは本機をテーマにした記事で以下のように記している。

――"A-12は、1962年にチタンで作られた最初の飛行機だ。米国ではチタンが不足していたため、CIAは偽の会社を立ち上げ、当時チタン製造の第一人者であったロシアから原料を調達していた。チタンの使用は航空機開発における最大の課題の一つであったが、それが実を結んだのである。A-12の後継機であるSR-71は、今でも空を舞う最速の飛行機として知られている。カルティエ 時計 レディースチタンの製造方法は、当時、政府の最も秘密裏に行われていた陰の計画の中にあり、この金属の使用は、最先端の航空機を製造するための最大のファクターであった。地球上のあらゆる金属の中で最高の強度密度比を持つチタンの使用がなければ、A-12の偉業は成し得なかっただろう。そして、そのA-12の初飛行からわずか8年後の1970年、シチズンは純度99.6%のチタンを使用した「X-8 クロノメーター」を発表したのである。"


 また、2019年8月22日、シチズンは日本の宇宙関連企業ベンチャーであるispaceが推進する「HAKUTO-R」プロジェクトとパートナー契約を結んだ。これは、2023年までに2度月探査を行うミッションのHAKUTO-Rで用いられる、月着陸船と月面探査ローバーの機体に使用するスーパーチタニウムの提供をシチズンが行うというものだ。

 ispaceのファウンダー&CEOである袴田武史氏は、「宇宙で使われている素材は、昔から変わらず使われ続けている技術が意外と多い。地上では一見宇宙と関係なさそうに見えても、宇宙開発に大きなイノベーションを起こす可能性は高い」と語り、かつての航空産業やアポロ計画に代表される宇宙開発のように、シチズンの素材開発の技術には期待が集まっているのだ。そしてそのような貴重な技術が時計に息づいていると思うと、勝手に胸が踊り出す。


 同社が開発したスーパーチタニウムは空の彼方で活躍し、我々はその偉業に思いを馳せながら、記念すべき時計に目をやることができる。事実、シチズンは宇宙開発に素材提供をする一方で、本業の腕時計製造においてもこの50年の集大成たる加工技術を本機で見せているのだと思う。詳細は、実際に時計を見てからレポートしたいが、チタニウム製のケースとバンドそれぞれに施された、無数の直線的ラインを確かめたいと思わざるを得ない。

【関連記事】​​​​​​​: 2021ファッション人気腕時計情報

オリンピック射撃選手が好きな腕時計


こちらは、そのデザインにおもわず目を留めてしまうスントのコア腕時計です。シックでおしゃれな腕時計が、腕元にアクセントを与えてくれます。

アナログ時計を思わせるようなデザインのボディには、余計な装飾が一切ない文字盤があり、その中央に時刻がスタイリッシュに表示されています。そのファッショナブルな作りには定評があります。また、日常生活防水やカレンダー表示のほか、日の出日の入りやコンパス・高度計・気圧計などもついていて多機能な点も喜ばれるポイントです。

シンプルな黒でまとめられたおしゃれな腕時計で、アクセントが欲しい男性にぴったりの腕時計です。ビジネスシーンのほか、登山などでも活躍する機能のついた腕時計なので、アウトドアが好きな男性にも人気があります。



Daniel Wellingtonはスウェーデン発の時計ブランドで、アメリカやノルウェーなど世界25ヶ国で販売されています。「天然レザーベルトの腕時計」は大きな文字盤で見やすく、高級感があるアイテムです。

シンプルな天然レザー革ベルトは、素材本来の自然な風合いを活かした加工が施されています。自然な個体差があり、使うほどに手首にしっくりと馴染むので、時を重ねるごとに味わいが増します。

また、男性、女性共に使えるユニセックスなデザインで、カップルの方はペアで使っても素敵です。これからの2人の歴史を刻めるアイテムとして、大切な記念日にプレゼントすると喜んでもらえます。

【関連ブランド】:ウブロ時計 メンズ

ハリー・ウィンストンに「トゥールビヨン4点盛りの超弩級腕時計」があるって本当!?


複雑機構の開発に情熱を注ぎ唯一無二の腕時計を創造する
“キング・オブ・ダイヤモンド”の異名をもつハリー・ウィンストンは、1989年に高級時計市場に参入を果たした。そしてファーストモデルの1つで、早くも超絶な複雑機構を実現してみせた。2つのレトログラード機構が備わる、永久カレンダーである。以来、どこにもない独創的な機構をもつ時計の数々を生み出してきた。このモデルも、時計製作に懸けるブランドの情熱から生まれた。

2009年にスタートした、イストワール・ドゥ・トゥールビヨンの節目となる第10作目。シリーズ名を直訳するとトゥールビヨンの歴史となり、同複雑機構の歴史に残り、歴史を変える独創性を目指す。このモデルにおける歴史的偉業は、一目瞭然である。巨大な横長レクタンギュラーの四隅には、それぞれトゥールビヨンが備わる。その数は、シリーズ最多。すなわち、4つのトゥールビヨンを搭載する腕時計である。

それぞれの調速は、まず上下2つをペアとしてディファレンシャルギアで統合・平均化される。ケースは巨大だが、上下のトゥールビヨンの間のスペースは限られる。そこでディファレンシャル機構を担う歯車には筒カナに似た細長い構造が採られた。左右の調速は、中央に位置するディファレンシャルギアで統合・平均化し、高精度を実現する。さらに各トゥールビヨンは、1周36秒で高速回転し、重力の影響の平均化をさらに促している。ルイヴィトン時計レディースキャリッジの回転方向を、通常とは逆の反時計回りとしたのもユニークである。

4つのトゥールビヨンを高速で動かすためのパワーは、上下二層に重ねた計4つの香箱が供給する。ただ数を増やすだけではなく、3.2時間で1回転という異例の高速で働かせることで、香箱の運動エネルギーを高めて、世界最多の4つのトゥールビヨンの動きを安定させた。

唯一無二の存在であることが、真のラグジュアリーだとハリー・ウィンストンは心得て、複雑時計に革新をもたらす。

【関連記事】:リーダーにセンスのあるプレゼント