記事一覧

【強くお勧めしますankopiN級品市場】日本最大級!

今年から《Watches & Wonders Geneva》への参加を決めたパテック フィリップの新作第一弾は、時計愛好家の多くが注目するノーチラス・コレクションの新作であった。
すでに5711/1Aの生産中止を発表していた同社が最後に送り出したラスト・エディションは、驚きのグリーン・ダイヤル!

《Watches & Wonders Geneva 2021》の開催を祝うため、パテック に白羽の矢を立てた。2021年はステンレススチール仕様のノーチラス5711/1Aモデルが製作される最後の年になるという発表に続き、パテック フィリップは、このカジュアル・エレガンスを体現するノーチラス・モデルを、まったく新しいオリーブグリーン・ソレイユ文字盤で装う。
この新しい文字盤は、バゲットカット・ダイヤモンド・ベゼルを備えたモデルにも採用された。
ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ5990/1モデルは、ローズゴールド・ケースにブルー・ソレイユ文字盤を組み合わせている。ウブロ(HUBLOT)の腕時計製品一覧また全面にブリリアントカット・ダイヤモンドがスノー・セッティングされた、新しいノーチラス・ハイジュエリーもデビューする。


1976年に発表されたノーチラスは、いくつかの点で驚くべきタイムピースであった。
ステンレススチール仕様の選択は、高級タイムピースではまったく異例なことであり、丸みを帯びた8角形のベゼルは、従来のデザインとは大きく異なるものであった。
ケース構造は、舷窓からインスピレーションを得たものであった。並外れた堅牢性と12気圧の防水性能は、シリーズ生産される時計においては、きわめて困難なチャレンジであった。さらにポリッシュ仕上げとサテン仕上げのデリケートな組み合わせが、ケースのユニークなフォルムをさらに強調していた。

文字盤の水平エンボス模様と、先端に向かって細くなるスチール・ブレスレットのリンクと相まって、ノーチラスは直ちにカジュアル・エレガンスを完璧に体現していることが理解され、世界最大のブランド認知度を誇る時計となったのである。

ノーチラス誕生30周年にあたる2006年、デザインにわずかな変化が加えられた。
今日、ノーチラス・コレクションは、ステンレススチール、ローズゴールド、ホワイトゴールド、スチール&ローズゴールド・ケースにメタル・ブレスレットまたはアリゲーター・バンドを装着した、25種類を超える紳士用、婦人用モデルを擁しており、活動的なライフスタイルの人々にとって理想的なコンパニオンとなっている。

ノーチラス・コレクションには、3針と日付表示を備えたモデルに加え、スポーティな魅力に並外れた技術的壮挙を組み合わせた5つのコンプリケーテッド・ウォッチも含まれている。日付指針表示、ムーンフェイズおよびパワーリザーブ表示を備えた5712モデル、フライバック・クロノグラフおよび自動巻き上げを備えた5980モデル、特許取得の年次カレンダー、24時間表示、およびムーンフェイズを備えた5726モデル、デュアル・タイムゾーン、フライバック・クロノグラフ、現地日付指針表示を備えたノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ5990モデル、および永久カレンダー搭載のノーチラス5740モデルである。5740モデルは真のグランド・コンプリケーションであり、パテック フィリップの全コレクション中で最も薄い永久カレンダーでもある。
2009年、婦人用ノーチラス・コレクションに独自のリデザインが行われ、より小さなサイズと、丸みを帯びた指針とインデックスなどの洗練されたディテールにより、カジュアル・エレガンスに女性的なタッチが加えられた。
また2013年には、優しい波形模様のエンボス文字盤が採用された。婦人用ノーチラス・コレクションには、フラット・ベゼル、ダイヤモンド・ベゼル・モデルの他、息をのむようなハイジュエリー・モデルもラインナップされている。


パテック フィリップが初めて参加する《Watches and Wonders Geneva 2021》のオープニングを祝い、マニュファクチュールはノーチラス・コレクションの新作4つを発表する。これらは現行モデルのニューバージョンであり、そのユニークで大胆なデザインと独自の個性は、今日さらなる輝きを見せている。

【関連記事】:新社会人のためのビジネスバッグ&小物

ハミルトン 2021年新作、「カーキ アビエーション X-ウィンド オートクロノ」と「カーキ アビエーション X-ウィンド デイ デイト」が登場~冒険心を掻き立てるパイロット・ウォッチ

4月1日に情報が解禁されたハミルトン新作、「カーキ アビエーション X-ウィンド」からの「カーキ アビエーション X-ウィンド オートクロノ」と「カーキ アビエーション X-ウィンド デイ デイト」。いち早く実機を見る機会があったので、実機写真とプレスリリースを併せて掲載する。まずは実機画像から。



「カーキ アビエーション X-ウィンド」は、フランスのニコラス・イワノフをはじめとするエアロバティック飛行のパイオニアたちとのコラボレーションのもと開発された、他のパイロットウォッチにはない新しい機能を備えています。空中で正確な飛行を行うために必須の要件である、風向に応じた正しい偏流修正角の計算を可能にしています。

高度な技術が求められるこの要件をクリアするためにパイロットウォッチのクロノグラフ機構の全面的な見直を図り、横風と偏流角の計算を表示するための回転インナーベゼルを採用。そして、機能を操作するねじ込み式リューズをケース右側面に配置しました。



また、クロノグラフ操作用のプッシュボタンもケース左側面に移動しています。この革新的なフォーマットの動力として、シリコン製ヒゲゼンマイを採用し、60時間の標準持続時間を実現。デイデイト表示機能が付いた高性能なH-21クロノグラフムーブメントを搭載しています。空港には高磁場が点在するため、非磁性のシリコンはパイロットウォッチに極めて有用です。
高性能技術を凝縮した、新作「カーキ アビエーション X-ウィンド オートクロノ」は、ハミルトンでも最も複雑で実用的なアビエーションウォッチの一つです。ミリタリーシックなデザイン、個性的なスタイル、45mmのビックサイズケースを併せ持つ「X-ウィンド」は、砂漠を探検する冒険に飛び出したり、都会のめまぐるしいライフスタイルにギアを合わせたりと、アクティブな毎日を送る人に最適なタイムピースです。



ブラウンダイヤルとサンドストームベージュのPVDが施されたステンレススチールケース、または、ステンレススチールケースに収められた、ディープブルーのダイヤルの2モデルをラインナップ。どちらのスタイルも、最新の高機能ファブックストラップで仕上げられています。

【関連記事】:グローバル最新ファッションブランド/デザイナー情報

ハリー・ウィンストンが 2021年新作第一弾を発表~「HW エメラルド」コレクションに4色の新たなカラーバリエーションが誕生

洗練された表情が魅力のHW エメラルド・コレクションから、魅惑的なカラーバリエーションが登場。豊かな光沢を放つマザー・オブ・パールと静謐なダイヤモンドの輝きが美しいコントラストを描くダイヤルには、カラフルなカボションがあしらわれています。4色のトレンドカラーが、主張あるスタイルを演出します。

スタイリッシュなカラー
2021年、HW エメラルド・コレクションにターコイズ、シャンパンカラー、オレンジ、パープルの4種のカラーが加わります。スーパーコピー時計シャンパンカラーが醸し出す洗練、鮮やかなオレンジのエネルギッシュな存在感、ドラマティックなパープル、爽やかなターコイズカラー…それぞれのカラーが異なる表情とムードを湛えます。ダイヤルのトーンに合わせたスタイリッシュなサテンのダブルトゥール・ストラップとともに、スタイルのアクセントとなる華やかなカラーが、ポジティブな心と生きる喜びを表現しています。


バブルが生み出す豊かな表情
ダイヤルには、天然のマザー・オブ・パールを用いた美しいカボションをレイアウト。このカボションは、20個のラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドの輝きとともに、まるではじける泡のような遊び心溢れる表情を描きます。また、ダイヤルの中央にはマザー・オブ・パールを重ねることにより、立体感を演出。ベースのマザー・オブ・パールとカボションがもたらすコントラストが、ダイヤル中央の八角形のモチーフを引き立てます。



エレガントな八角形ケース
2016年にファーストモデルが発表されたHW エメラルド・コレクションは、創始者ハリー・ウィンストンがもっとも愛したダイヤモンドのかたち、エメラルドカットをインスピレーション源として誕生したコレクションです。エルメス時計 メンズフェミニンな18Kホワイトゴールドケースのシルエットは、エメラルドカットの洗練されたラインを象り、12時位置には18Kゴールド製のブランドロゴが配されています。17.7mm x 24mmのケースにセットされた53個のラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドがアクセントを添え、輝きに満ちた印象を演出します。


【関連記事】:悠久歴史腕時計ブランド

MING - 20.11 の詳細、同時に注文受付開始。初めてMINGを買う人は早い者勝ちにチャレンジ、急いで!

さて、ついに20.11の全貌が明らかになった。が、「買う!」と決めている人は読む前に早くwww.ming.watchに行っていただきたい。幸運を祈る。とりあえず注文する、という手もある。ジラール・ペルゴ ロレアートこれまでのMINGの時計は、いずれも中古市場では人気の模様、という安心感もあると言えばある。このモデルがそうなるかは保証しないが。

以下が、今回の正式で詳細なニュースリリース。極めて簡単な抄訳をつけているので、参考にしていただきたい。


昨年、MING Mosaicとして(20.01 Mosaic Conceptのこと)、新たにサファイヤクリスタルに「3D レーザー エッチング プロセス」を開発し、今般それをプロダクションモデルに応用できるところまできた。MINGのフラッグシップモデル、20.11の誕生である。


すべてのデザインのアイデアを詰め込み、日常使いにしたくなるような時計を作った。針もサファイヤ製である。モザイクという名の特殊な模様の文字盤は、手首での存在感を必要とすると判断しやや大き目の径とした。


もちろん、本作のメインは、モザイクダイヤルである。2650もの様々な透明度をもった「モザイク模様」がサファイヤクリスタルでできた文字盤に三層にわたってハイパワーレーザーでエッチングされている。これはDM Surfaced SAとのコラボであり、およそ2年かかったコラボレーションである。

【関連記事】:http://yasukiyouko.top

コルムが 新タイプのステンレススティールブレスレットにより優雅でエレガントな雰囲気を再現した日本限定デザインの「アドミラル」を発売~8月27日(金)より販売開始

新タイプのステンレススティールブレスレットにより優雅でエレガントな雰囲気を再現した日本限定デザインの「アドミラル」を8月27日(金)より販売開始


1955年の創業以来、アヴァンギャルドな時計製造を続けるスイスの高級時計ブランド<コルム>は、新しいステンレススティールブレスレット採用の「アドミラル 38 オートマティック」を2021年8月27日(金)より順次発売いたします。



●Admiral 38 Automatic


コルムが最初にアドミラルコレクションを発表したのは1960年。スクエア型防水ウォッチとして誕生したアドミラルは、1983年に大胆な変貌を遂げます。ヨット用のナットから着想を得た12角型ベゼル、航海ペナントをそのまま使用したカラフルなインデックスなど、マリンスポーツの世界観溢れるデザインを纏うようになりました。また、海を想起させるメタリックなブルーの色合いの“ガンブルー”と呼ばれたカラーリングは当時でも先進的でした。



世界の外洋航海レースの中でもっとも伝説的かつ厳しいヨットレースの一つである “アドミラルズカップ”を名前の由来、インスピレーションの源とするこのコレクションはメゾンのDNAに立ち戻りながら再解釈を加え 進化を繰り返してきました。



● “ガンブルー”のアドミラル ヨットレースのアフターパーティ等で着用され、多くのヨットマンに愛されています


「アドミラル 38 オートマティック」は、新タイプのステンレススティールブレスレットを採用し、コレクションがターニングポイントを迎えるきっかけとなった1983年のアーカイブピースを現代版に再解釈した新作モデルです。3針・デイト付きのシンプルな造りながら、2枚の複層ダイアルにより奥行きのあるデザインに仕上がっています。上部のレイヤーは、コンパスローズのフォルムからインスピレーションを受けたもので、先端には航海ペナントのインデックスを施しています。


【関連記事】:深く流行青い陶磁器評定す