記事一覧

【強くお勧めしますankopiN級品市場】日本最大級!

今年から《Watches & Wonders Geneva》への参加を決めたパテック フィリップの新作第一弾は、時計愛好家の多くが注目するノーチラス・コレクションの新作であった。
すでに5711/1Aの生産中止を発表していた同社が最後に送り出したラスト・エディションは、驚きのグリーン・ダイヤル!

《Watches & Wonders Geneva 2021》の開催を祝うため、パテック に白羽の矢を立てた。2021年はステンレススチール仕様のノーチラス5711/1Aモデルが製作される最後の年になるという発表に続き、パテック フィリップは、このカジュアル・エレガンスを体現するノーチラス・モデルを、まったく新しいオリーブグリーン・ソレイユ文字盤で装う。
この新しい文字盤は、バゲットカット・ダイヤモンド・ベゼルを備えたモデルにも採用された。
ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ5990/1モデルは、ローズゴールド・ケースにブルー・ソレイユ文字盤を組み合わせている。ウブロ(HUBLOT)の腕時計製品一覧また全面にブリリアントカット・ダイヤモンドがスノー・セッティングされた、新しいノーチラス・ハイジュエリーもデビューする。


1976年に発表されたノーチラスは、いくつかの点で驚くべきタイムピースであった。
ステンレススチール仕様の選択は、高級タイムピースではまったく異例なことであり、丸みを帯びた8角形のベゼルは、従来のデザインとは大きく異なるものであった。
ケース構造は、舷窓からインスピレーションを得たものであった。並外れた堅牢性と12気圧の防水性能は、シリーズ生産される時計においては、きわめて困難なチャレンジであった。さらにポリッシュ仕上げとサテン仕上げのデリケートな組み合わせが、ケースのユニークなフォルムをさらに強調していた。

文字盤の水平エンボス模様と、先端に向かって細くなるスチール・ブレスレットのリンクと相まって、ノーチラスは直ちにカジュアル・エレガンスを完璧に体現していることが理解され、世界最大のブランド認知度を誇る時計となったのである。

ノーチラス誕生30周年にあたる2006年、デザインにわずかな変化が加えられた。
今日、ノーチラス・コレクションは、ステンレススチール、ローズゴールド、ホワイトゴールド、スチール&ローズゴールド・ケースにメタル・ブレスレットまたはアリゲーター・バンドを装着した、25種類を超える紳士用、婦人用モデルを擁しており、活動的なライフスタイルの人々にとって理想的なコンパニオンとなっている。

ノーチラス・コレクションには、3針と日付表示を備えたモデルに加え、スポーティな魅力に並外れた技術的壮挙を組み合わせた5つのコンプリケーテッド・ウォッチも含まれている。日付指針表示、ムーンフェイズおよびパワーリザーブ表示を備えた5712モデル、フライバック・クロノグラフおよび自動巻き上げを備えた5980モデル、特許取得の年次カレンダー、24時間表示、およびムーンフェイズを備えた5726モデル、デュアル・タイムゾーン、フライバック・クロノグラフ、現地日付指針表示を備えたノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ5990モデル、および永久カレンダー搭載のノーチラス5740モデルである。5740モデルは真のグランド・コンプリケーションであり、パテック フィリップの全コレクション中で最も薄い永久カレンダーでもある。
2009年、婦人用ノーチラス・コレクションに独自のリデザインが行われ、より小さなサイズと、丸みを帯びた指針とインデックスなどの洗練されたディテールにより、カジュアル・エレガンスに女性的なタッチが加えられた。
また2013年には、優しい波形模様のエンボス文字盤が採用された。婦人用ノーチラス・コレクションには、フラット・ベゼル、ダイヤモンド・ベゼル・モデルの他、息をのむようなハイジュエリー・モデルもラインナップされている。


パテック フィリップが初めて参加する《Watches and Wonders Geneva 2021》のオープニングを祝い、マニュファクチュールはノーチラス・コレクションの新作4つを発表する。これらは現行モデルのニューバージョンであり、そのユニークで大胆なデザインと独自の個性は、今日さらなる輝きを見せている。

【関連記事】:新社会人のためのビジネスバッグ&小物

コメント一覧

ファッション人気腕時計 2021年12月03日(金)12時56分 編集・削除

腕時計が大好きな方へ情報を発信しています。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー